スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「個人実施ガイドライン」に関するコメント募集(告知)

先日、コメントしましたように、当方が所有しております特許の存在を背景としたユーザーの皆様の不安を払拭すべく、特許に関する個人の自由実施の範囲を定める「個人実施ガイドライン」を策定することにしました。

つきましては、以下の要領にて皆様からのコメントを募集します。
「こういう使用形態はどうなるのか?」等がございましたら遠慮なくコメントしてください。
皆様から頂きました意見は、可能な限り考慮したいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。

                           記

1.期 間: 8/3(月)~8/14(金)

2.方 法: 本エントリのコメントとして記載(形式は自由)

3.内 容: 個人実施ガイドラインに関する以下の事項。

(1)個人実施の範囲であるかどうか不明な使用形態
(2)明確にして欲しい使用形態
(3)個人実施の範囲に含めて欲しい使用形態
(4)その他

  


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

kmhead様

kmhead様は気づいていないかも知れませんが、鉄道模型の趣味の世界はとても狭いのでkmhead様がものすごく評価を落とされている現状が心配です。

kmhead様が権利ばかり主張せず、あらゆるメーカーでデフォルト採用されるほうがkmhead様自身にとっても有益ではないでしょうか?
kmhead様が積極的に普及に努めた、と名前を残せますよ。

現状は主にネット上で鉄道模型界のヒールとしてとても有名人になってしまっています。
中には個人攻撃をしている人もいます。
同じ趣味を持つ人々から生涯白い目で見られる人生って良いとおもいますか?
今ならまだ、kmhead様の名誉を挽回できると思います。権利の主張はよく考えてみてください。
鉄道模型はあくまで趣味の世界ですよ。みんなで楽しみましょう。

さてさて

告知期間終了より一か月以上経過しましたが、なんらの進展もないのでしょうか?

管理人さんも放置されているようですので今さらかもしれませんが、目的がないガイドラインを設けて個人仕様にまで制限をかけようということ自体が無理のあるものなのではないでしょうか。

No title

北総様

一般に、特許は、着想そのものでは権利として認められません。
特許として認められるためには、着想を具体化した構造に落とし込む必要があります。
この一般原則に従い、本技術に関する特許も、着想そのものではなく、具体的な構造と
して権利を取得しています。

本技術に関しては、複数の特許/特許出願にて特許網が形成されており、いくつかの
観点で互いに異なる構造を規定した多数の請求項が存在します。

TMSで、ポリカーボネートのハーフミラー板の使用が開示されていたとしても、その開示
のみでは、具体的な構造を否定する程の影響はないものと考えます。
なぜなら、請求項に規定された構成要件の一部の開示に留まり、全ての構成要件を
開示するものではないからです。

”商用利用”の自由を確保するためには、抵触する請求項の全てを無効にする必要が
あります。

ちなみに、個人/商用の区別は、”業として(事業として)”に相当するかがポイントに
なりますが、より具体的には、「反復継続的意思をもってする経済行為として」といった
意味に解されています。

No title

 ハーフミラーを使用して消灯時のヘッドライトの実感味を表現する技法は、TMSの2000年12月号にすでに発表されています。(16番・小田急1000系の製作記事)
 特許制度に関する細かいことはわからないですが、KMヘッド加工技法の核心部分はハーフミラーの応用ということになり、それについてはすでに雑誌に作例が発表されています。したがって個人・商用の区別なく自由に利用することが出来るのではないかと思いますがいかがでしょうか。

No title

気になるのは、文化祭やブログで不特定多数の人に紹介してよいのかということです。
既に特許取得済みであることや、特許取得者は趣味の範囲内でを出しているということを明記しなくてはいけないのかというのも疑問です。
特許取得者として、人に広めたいのか、どの程度の注意書きが必要なのかなどが主な疑問点です。

僕は素晴らしい技術なのでぜひ紹介したいと思っているのですが、どうしても特許という壁がどこまでがいいのか困惑させます。

できればこれ以降も質問板を作って持続していってほしいです。

No title

ここを読める環境にない人へはどういう対応をとるのか?

そもそもこの技術が特許を取得していることを知らない人・メーカーにどう対処するのか?

アンケート期間が過ぎたら提案・質問は無効なのか?

有効だとすれば、これから先特許がきれるまで18年以上にわたってこのようなことを続けていくのか?

考えられる事象ははっきり言って無限にでてくるが、それらすべてに対応できるのか?

アンケートをとるということ自体無意味、というか無理があるなのでは?



主題とはずれるかもしれませんが、このあたりもご回答いただきたいものです。

No title

追加です。

Nゲージを撤退する場合などで大量の加工品を処分する行為は譲渡にあたるのでしょうか?
1000両くらいコレクションしていると、加工品がそれこそ200~300両くらいになることも
考えられます。

No title

自分の保有車両に加工してよい個数には上限はありますか?
加工した車両を不特定の人に有償で譲渡してもいいですか?
知り合いとかの特定の人でないとまずいですか?

特に譲渡についてはオークション出品も含めて詳しく知りたいです。

No title

KMヘッド加工をした車両の雑誌・サイト等メディアへの掲載についてもう少し詳しく知りたいです。
KMヘッド以外の件をメインとした記事になった(なる)場合、たとえばレイアウトの記事や、車両のHMについての記事などで、そこに写っている車両にKMヘッド加工がされているような場合はお断りしてからでないとまずいのか知りたいです。

No title

個人ならばKMヘッド加工をどれだけどれだけ行ってもいいのか?
(加工品の個数の上限)

No title

個人によるオークションへの出品
FC2カウンター
プロフィール

kmhead

Author:kmhead
KMヘッドプロジェクトへようこそ!
※『KMヘッド』およびその関連技術は以下の知的財産権によって保護されています。
●特許第3968597号 
●特願2007-232558号
●特願2007-136666号
●特願2007-15441号
●国際特許出願PCT/JP2008/50614
●登録商標第5162459号

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。